読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャロゴーリ四天王の憂鬱

気ままにポケモン

第15回びぶおふベスト16&S2使用構築[悪魔的行為Z]

f:id:t0uCh373:20170320232130p:plain

レートでも使っていたので遅くなりましたが、第15回びぶおふで使用した構築です(四国シングルFESTAも)。
カトレアブロックを7-1で1位抜けしたものの、決勝トーナメント一回戦で負けてベスト16でした。

初めて予選抜けできたし満足カナー

「これはいけるぞ!」と意気揚々とレートに潜ったものの、2000には届きませんでした(1956くらいが最高だったと思う)



[構築経緯]
6世代の頃はメガサーナイトを軸に対戦していたのですが、今作はサーナイトナイト未解禁の為、同一タイプのカプ・テテフを採用し、6世代最後で使用していた構築
http://t0uch37.hatenablog.com/entry/2016/11/01/215237
をベースに7世代風にアレンジしました。



[個別紹介]

カプ・テテフ@カクトウZ

特性:サイコメーカー

性格:控えめ

実数値(努力値)
151(44)-x-95-194(212)-135-147(252)

技:サイコショック/ムーンフォース/気合玉/挑発

HPを地球投げ3耐えにしてSを準速、余りをC。

ナットレイヒードランでテテフを見ようとしてるパーティーには滅法強かったです。あと、ベトベトンとゲンガーのいない受けループにも強い。
f:id:t0uCh373:20170321003023j:plain
Zきあいだま打つときはこんな気分だった


バシャーモ@命の珠

特性:加速

性格:うっかりや

実数値(努力値)
155-145(36)-90-178(252)-81-128(220)

技:大文字/飛び膝蹴り/めざパ氷/守る

Sを1加速ゲッコウガ抜き2加速スカガブ抜き、Cにぶっぱして余りをA。

通せるときは本当に強いものの、ミミッキュやレヒレに止められる展開も多かったです。
バンドリマンダに強いはずなのにジメンZで守る貫通されるのほんとツラい。。。
ゲッコウガの水手裏剣とか考えると、うっかりやではなくおっとりで採用したほうがいいかもしれないです。


カプ・レヒレ@オボンの実

特性:ミストメーカー

性格:図太い

実数値(努力値)
177(252)-x-176(196)-115-150-113(60)

技:ムーンフォース/波乗り/自然の怒り/挑発

Bを11nにして余りをSに振っただけなので明確な調整先とかは特になし。

ギャラドスや受けループ、バシャーモ辺りを見る役割で採用。
クッション役にもなれるものの耐久に余り過信してはいけないと感じました。


霊獣ボルトロス@ドクZ

特性:蓄電

性格:臆病

実数値(努力値)
175(164)-x-91(4)-175(76)-102(12)-168(252)

技:10万ボルト/めざパ氷/ヘドロウェーブ/悪巧み

物理耐久は特化ガブリアスの逆鱗を最高乱数切り、特殊耐久は特化カプ・テテフのフィールドサイコキネシスを最高乱数切りで耐える調整。

守り神キラー。相手のテテフをワンパンしたいというところから考えた調整ですが、ブルルドヒドイデの並びに安定し、ステロ+C↑2 ZヘドウェでH振りメガフシギバナも確定で落とせたり、ステロ+ZヘドウェでウルガモスやメガリザXYどちらも倒せるのでとても使いやすかったです。個人的MVP。
f:id:t0uCh373:20170321013158j:plain
Zヘドウェ打つときはこんな気分(ry


ハッサム@ハッサムナイト

特性:テクニシャン→テクニシャン

性格:意地っ張り

実数値(努力値)※メガシンカ
175(236)-222(252)-162(12)-x-121(4)-96(4)

技:バレットパンチ/蜻蛉返り/剣の舞/羽休め

物理耐久は特化霊獣ランドロス地震ほぼ2耐え、特殊耐久は特化カプ・テテフのめざ炎高乱数耐え(約81%)。

ステロ展開からの抜きエース。A↑2バレパンでHP半分のリザXは落とせないのでその辺に気をつけて立ち回っていました。
シーズン終盤はゴーストZミミッキュが増えたので余り安定して受け出しできなかったです。あとめざ炎ゲッコウガはほんと無理なんで勘弁。


ガブリアス@気合いの襷

特性:鮫肌

性格:陽気

実数値(努力値)
183-171(164)-127(92)-x-105-169(252)

技:地震/岩石封じ/ステルスロック/吠える

特化ミミッキュのじゃれつく+影うちをほぼ耐える調整。

襷なのにBに振っているのは、初手のミミッキュに対して化けの皮解除+ステロ撒きまで遂行できる可能性を高くしたかったからです。
ステロ撒きが仕事なので、特に火力不足を感じることもなく、ついでに霊獣ランドロスの持ち物がゴツメかチョッキかそれ以外かを判別する役割にもなってました。



[立ち回り]
基本選出はガブ+バシャボルトハッサムから@2
受けループに対してはガブ+テテフ+レヒレorボルト
サイクル系のパーティーには初手テテフだったり、相手のテテフが初手に出てきそう且つ外しても不利対面にならないor引き先がいるならボルトから入ってました。


[重いポケモン]
ミミッキュ:初手で化けの皮解除できるならまだしも後ろに控えていた場合ほんとヤバい

ゲッコウガ:全員抜群技をもらう可能性があるのでヤバい

ガルーラ:とりあえずヤバい


[最後に]
主催のトルンさん、スタッフの皆さんいつもありがとうございます。参加者の皆さん、お疲れさまでした!
シーズン終盤の環境に対応しきれていなかった部分が大きかったと思うので、練り直して次シーズン以降頑張りたいですね。





f:id:t0uCh373:20170321024741j:plain
そろそろジャロゴーリ使っとくかw

第13回ちゃもオフ使用構築

びぶおふの翌日の10/30に開催されたちゃもオフでの使用構築になります。
ちょっとルールが特殊で第1~6世代からそれぞれ1体ずつパーティーに入れて戦うというものでした。


このルールを聞いて、「いつもの(?)ジャロゴーリが使えるやんけ」と思いパーティーを組むことに。


そして完成した構築がこちら!(ドンッ)
f:id:t0uCh373:20161103180121p:plain



なんだかヘイトを買いそうなポケモン達が並んでますが、許してください何でも(ry




[個別紹介]
ジャローダ@気合いの襷(第5世代)

特性:あまのじゃく

性格:臆病CS

技:リーフストーム/めざ炎/竜の波動/へびにらみ

一度も選出してませんw
出したかったけど刺さらな過ぎて出せなかった…



オニゴーリ@オニゴーリナイト(第3世代)

特性:むらっけ→フリーズスキン

性格:陽気AS

技:恩返し/地震/大爆発/氷の礫

同じく刺さらな過ぎて選出は一回のみ(^^;



ゲンガー@ゲンガナイト(第1世代)

特性:浮遊→影踏み

性格:臆病HS

技:滅びの歌/守る/身代わり/道連れ

ハマると強い。



クレッフィ@脱出ボタン(第6世代)

特性:悪戯心

性格:穏やかHD

技:イカサマ/威張る/身代わり/電磁波

ゲンガーの滅びと組み合わせて使ったはずなんですが、だいたい威張るイカサマで突破してた感じは否めません。



ポリゴン2@進化の輝石(第2世代)

特性:ダウンロード

性格:生意気HD

技:空元気/めざ炎/放電/自己再生

ピノさん戦でクレッフィをA+4麻痺状態空元気で倒してくれた自覚の塊。



トゲキッス@光の粉(第4世代)

特性:天の恵み

性格:控えめHC

技:エアスラ/大文字/マジカルシャイン/電磁波

NIFUさん戦で、残りHP赤ゲージの状態からバシャーモのフレドラを避けてくれたので個人的MVPをあげたい。
どんな技でも当たらなければどうということはないんやで( ^∀^)




予選は強運もあってブロック1位で突破することができましたが、決勝トーナメント1回戦でmizukoさんにメガゲンガー読み地震を決められて敗北してしまいました。

ちなみにmizukoさんはそのまま優勝し、予選から含めて4回オニゴーリ入りのパーティーと戦ったそうなので「オニゴーリキラー」の称号を与えたいと思いますw



最後になりますが、びぶおふ、ちゃもオフの主宰・スタッフの方々、対戦してくださった方々、二次会でお話してくださった方々ありがとうございました。
またお会いしましょー( *・ω・)ノ

第14回びぶおふ&S18使用構築

f:id:t0uCh373:20161101201236p:plain

10/29に広島で行われた第14回びぶおふに参加しました。
結果からいうと教祖ブロック4-3の3位で予選抜けはできませんでしたが、幻のシーズン18でレート2000を達成することができ、1600後半辺りから80戦くらいで2000に乗ったのでそれなりに完成度は高かったかなーと思います。

f:id:t0uCh373:20161101202752j:plain


[個別紹介]

サーナイト@サーナイトナイト

特性:トレース→フェアリースキン

性格:臆病

実数値:157-x-86-202-156-167(メガ後)※非理想個体

技:ハイパーボイス/サイコショック/気合玉/挑発

国際孵化産の相棒(B個体値29)。今回は技範囲を取る為に気合玉、受けループ対策やクレセリアに仕事をさせない為に挑発を採用しました。
気合玉を打つ機会は比較的少なかったものの、ナットレイヒードランを見ても選出を渋る必要がないところがいいですね。


バシャーモ@命の珠

特性:加速

性格:うっかりや

実数値:155-147-90-176-81-128

技:大文字/馬鹿力/めざめるパワー氷/守る

第2の相棒。構築組んだらサーナイトの隣に置いとかないと違和感ある辺り、病気かもしれない。
不意の特殊バシャーモは刺さりやすいのを実感しました。HBクレセはステロ+大文字2発で高乱数、HBカバは大文字+めざ氷で倒せる(当たれば)ので、選出しやすかったです。マンダ軸にも強かった。


スイクン@突撃チョッキ

特性:プレッシャー

性格:控えめ

実数値:183-x-136-155-135-128※非理想個体

技:熱湯/冷凍ビーム/凍える風/ミラーコート

http://yakkun.com/xy/theory/n2209
ふゆのぽけさんの記事を参考にさせて頂きました。非理想個体の為、DL調整やCを甘えていますが先発性能が高く、対面で悪巧みやガブ読みめざ氷を打ってくるボルトロスを何度も無償突破してくれました。
耐久振りのガルーラが多かったので、ガルーラがメガ進化した後も上から熱湯を打てる機会が多かったです。


サンダー@ゴツゴツメット

特性:プレッシャー

性格:図太い

実数値:191-x-148-150-110-123※非理想個体

技:ボルトチェンジ/熱風/めざめるパワー氷/羽休め

ファイアローが非常に重かったので採用。選出機会は少なかったものの、選出したときはしっかり仕事してくれた。図太い静電気サンダー欲しい。。。


ハッサム@ハッサムナイト

特性:テクニシャン→テクニシャン

性格:意地っ張り

実数値:175-222-160-x-120-98(メガ後)

技:バレットパンチ/蜻蛉返り/剣の舞/羽休め

剣舞後の抜き性能が半端ない。ガブでステロを撒いておき中盤は蜻蛉で負担をかけつつ、全抜きが見えてから積んでいくのを意識しました。


ガブリアス@気合いの襷

特性:鮫肌

性格:陽気

実数値:183-182-116-x-105-169

技:逆鱗/地震/岩石封じ/ステルスロック

ザ・主人公。ガルーラの秘密の力でほとんど麻痺を引かず、逆鱗で混乱しても動いてくれた自覚の塊。
ウルガモスカイリュー入りの構築が多かったのでステロを撒くだけでも十分仕事をしてくれました。


[立ち回り]
先発ガブリアスでステロを撒いてサーナイトバシャーモハッサムを通す立ち回りがメインでした。
アロー入りにはサンダーでサイクルを回しながら詰める。
ガブリアスが先発で出せない場合はスイクンを先発で出して、スイクンを役割対象にしてくるポケモンを逆に刈るということが多かったです。


[最後に]
最近はずっとバトン構築でしか2000超えできてなかったので、準対面構築のようなパーティーで2000乗せられたのは嬉しかったです。
サンムーンも楽しみですが、正直言うとあと1年くらいは6世代の環境を楽しみたかったなーとも思いますね。
また7世代でお会いしましょー!( ´∀`)

(今度はオフで運負けしないように御守り買っとこ)

[S17使用構築] 上からサーナイト下からクチート[最高&最終2106/158位]

どーも、たっちです。シーズン17お疲れさまでした!
最終シーズンで自身の最高レートを更新でき、初の2100台ということで満足のいく結果が残せました。

[構築紹介]
f:id:t0uCh373:20160914135045p:plain


実は終了3日前まではS16の構築を使用していました。
http://t0uch37.hatenablog.com/entry/2016/07/20/200215

この構築で2055まで行くことは出来たのですが、そこからドンドン溶かしてしまい1850くらいまで落ちて行ってしまったので、対戦時間が短くて済み、選出に悩む必要がほとんどないS13.15で使用したアシストパワーサーナイトを使うことにしました。
http://t0uch37.hatenablog.com/entry/2016/05/17/230121

そのまま丸々使ってしまうと記事を見たことのある方や、対戦したことのある方に選出画面で「あ、これ進研ゼミでやったやつだ」現象が発生してしまう為、メインの4体はそのままにしてマンダマンムーの枠をクレセクチートに変更しました。

加速バトンによる上からのサーナイトによる制圧、(トリックルーム)下からのクチートによる制圧のどちらを行うかを選出画面で決め打ちするだけなので、平均選出時間は15秒程度でした。


[個別解説]
f:id:t0uCh373:20160719205155p:plain
メガサーナイト@サーナイトナイト

特性:トレース→フェアリースキン

性格:臆病

実数値:167-x-116-185-156-138(メガ後)※H個体値24

技:アシストパワー/いびき/瞑想/眠る


何もかも吹き飛ばすエース。H個体値-7による負けはなかった...はず。
3シーズン分くらいは使用しているので積んだ後の与ダメージ・被ダメージ感覚はかなり研ぎ澄まされてると思います。

一度使うと中毒性が高いです。

f:id:t0uCh373:20160719212526p:plain
バシャーモ@弱点保険

特性:加速

性格:腕白

実数値:183-140-122-x-90-116

技:フレアドライブ/ビルドアップ/バトンタッチ/守る


ヤンキープレイが必要とされる場面はかなり多いです。
なぜかサーナイトにバトンせずにそのまま試合を決めることもあったりします。

f:id:t0uCh373:20160719230804p:plain
ナットレイ@気合いの襷

特性:鉄の棘

性格:意地っぱり

実数値:164-160-151-x-136-58

技:大爆発/はたき落とす/ステルスロック/電磁波


初手に出して仕事を終えたら爆発四散します。
選出に時間がかかっているときは後述のボルトロスとどちらを選出するかで迷っていました。

f:id:t0uCh373:20160914200617p:plain
メガクチート@クチートナイト

特性:威嚇→力持ち

性格:意地っぱり

実数値:155-172-145-x-115-73

技:じゃれつく/アイアンヘッド/炎の牙/不意打ち


使ってみて火力にびっくりしました。
ナットレイハッサム意識で炎の牙を採用しました。アイアンヘッドの枠は剣の舞かはたき落とすのほうがよかったと思います。
1900台ではそこそこ選出しました。

f:id:t0uCh373:20160914200635p:plain
クレセリア@オボンの実

特性:浮遊

性格:控えめ

実数値:223-x-150-132-150-105※非理想個体

技:サイコキネシス/冷凍ビーム/トリックルーム/三日月の舞


クレセクチートの並びは控えめのほうがいいという記事をどこかで見たことがあったので、控えめで採用しています。
トリックルームと三日月の舞しかしてない気がします。

f:id:t0uCh373:20160914200649p:plain
化身ボルトロス@ゴツゴツメット

特性:悪戯心

性格:図太い

実数値:183-x-133-146-101-135

技:10万ボルト/草結び/悪巧み/電磁波


有利対面悪巧みの法則。初手に出してマンムーが来ない限りはほとんど悪巧みします。
悪巧み+10万と草結びで相手パーティーを崩壊させることもしばしばありました。


[基本選出]

ナットレイorボルトロス+バシャーモ+サーナイト

クチート+クレセリア+ボルトロス

この2つだけです。バシャーモ+クチート+クレセリアorボルトロスという選出をしたことはありますが、一度も勝てませんでしたし、こちら側の選出を歪めてまで選出するくらいなら、どちらかでいいです。
サーナイト軸の選出が9割くらいでした。


[傾向と対策]

ファイアロー
ナットレイと対面した場合ははたき落とすから入って持ち物チェックします。火力アップ持ちの場合ははたき+反動+接触ダメージで落ちるか、次の接触ダメージで落ちる可能性が高いです。仮に落ちなくてもバシャーモが持ち物補正なしブレバを7割くらいの確率で耐えるので、悩んだフリしてバシャーモを出して1度守った後にバトンします。

ウルガモス
相手パーティーにいたら必ず出てくるのでナットレイを出して大爆発でいいです。

リザードン
XでもYでも構わないのでナットレイで襷を盾に電磁波します。Yで身代わりから入られた場合は2ターン目にステロを巻いて、引きづらくさせてからバシャーモ+サーナイトの起点にします(バシャーモが晴れオバヒを耐えるので積む機会が増える)。相手パーティーの取り巻き次第でボルトロスを選出した場合は悪巧みします。

ガブリアスランドロス
ボルトロスを選出している場合は悪巧みから入ります。岩石封じは2耐えできるので相手が引いた場合のアドバンテージを取ることができます。拘っていた場合はバシャーモで起点にできるので問題ないです。
ナットレイを選出している場合はガブリアスの場合はステロからの大爆発でいいです。意地鉢巻地震だった場合はたいありです。

・ゲンガー
ナットレイを選出している場合は、はたき落とすから入るのが安定です。

・ガルーラ
ボルトロスを選出している場合は悪巧みから入ります。グロパンを積まれた場合は電磁波を入れます。それ以外は10万で殴っていきます。
ナットレイを選出している場合はステロから入るのが一番安定しています。

マリルリ
サーナイト軸で選出した場合は腹太鼓がないことを祈ります。

・受けループ
純正受けループであればはほぼ勝てます。

・害悪系
自覚でなんとかします。

・急所
無理です。


[最後に]

ORASが発売してからポケモンをここまで続けるとは思っていませんでした(BWやXYの頃は半年くらいで飽きてやめていた)。
きっかけは第1回真皇杯予選に参加したことです。それ以降、オフ会に参加するようになり、使用するポケモンを厳選・育成し、レートに積極的に潜るようになりました。
ポケモンを通していろんな人と出会えましたし、ポケモン以外のオフ会(ボドゲ人狼)にも参加するようになり、新しい趣味が増えて「ポケモンをやってて本当によかったなー」と改めて思います。

もうすぐサン・ムーンが発売されますが今後もポケモンを続けていこうと思ってます。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
f:id:t0uCh373:20160914225145j:plain
f:id:t0uCh373:20160914225221j:plain

第13回びぶおふ![オフレポ的な何か]

こんにちわ。広島のオフ会が生みだした忌まわしきジャロゴーリ四天王の1人、たっちです。


8/7に行われたトルンさん主催のびぶおふ!に参加してきました。





今回はこんな感じのパーティーで挑みました。
f:id:t0uCh373:20160810100447p:plain




嘘です。ごめんなさい。




本当のパーティーはこちら
f:id:t0uCh373:20160810100553p:plain


サーナイト@メガ石 臆病HSベース
(ハイボ、ショック、身代わり、アンコール)

バシャーモ@オボン 腕白aBs
(飛び膝、鬼火、バトン、守る)

霊獣ランドロス@ヤチェ 意地HAベース
(地震、岩封、剣舞、大爆発)

サンダー@ラム 穏やかHDベース
(10万、熱風、電磁波、羽休め)

スイクン@カゴ 図太いHbs
(熱湯、冷ビ、瞑想、眠る)

ナットレイ@ゴツメ 呑気HBベース
(ジャイロ、宿り木、電磁波、ステロ)



今回は前もって予選ブロック分けが行われており、僕はカトレアブロックで予選を戦うことになっていました。
同じブロック内の参加者の名前を一通り見て、受けループ使いの人が居なさそうだったので、シーズン16で使用した構築をそのまま使うことにしました。
詳しい調整などは下記URLを参照ください。

http://t0uch37.hatenablog.com/entry/2016/07/20/200215



というわけで、構築については特に改まって書くこともないので、予選のそれぞれの選出と結果を書こうかと思います。
(対戦された方の許可を頂いてないので、不都合等あれば消しますので教えて下さい)



1戦目 すきやバイトさん 勝ち
(クチート、ラティオス、バシャーモ、サンダー、カバルドン、ギャラドス)

自分(サンダー、サーナイト、霊獣ランドロス)
相手(カバルドン、サンダー、ギャラドス)


選出も立ち回りも上手くハマった展開でしたが、勝ったと思ったら舞ったギャラドスの滝登りでサンダーが怯み、次の滝登りで静電気が発動してサーナイトで勝つという謎のエンターテイナーっぷりを見せてました。
すきやバイトさんとは前回の真皇杯予選でも対戦しており、超絶運勝ちをしていたのですが、今回も運が絡む試合でした。



2戦目 トルンさん 勝ち
(ガルーラ、カバルドン、ゲンガー、化身ボルトロス、バシャーモ、ニンフィア)

自分(バシャーモ、サーナイト、霊獣ランドロス)
相手(ガルーラ、カバルドン、バシャーモ)


主催のトルンさん。
バシャガル対面でカバルドンに交代読み鬼火を入れて定数ダメージを稼ぎつつ立ち回りながら、ガルーラの猫騙しをサーナイトでアンコールし、なんとか勝利。
この試合に勝てたのは後々重要になってくる、と思っていた時期が僕にもありました。



3戦目 あびさん 勝ち
(ゲンガー、ソーナンス、ポリゴン2、クチート、マンムー、バシャーモ)

自分(バシャーモ、サーナイト、スイクン)
相手(ソーナンス、ポリゴン2、クチート)


前回の真皇杯予選でバシャーモに3連守るを決められて負けた因縁のお相手。途中、削れたソーナンスの道連れをアンコールせずに普通にサーナイトのハイボで倒して1:1交換してしまう大チョンボをしてしまうものの、バシャーモがクチートに鬼火→膝→膝を全部当てて勝ち。
ミスしたときは平然と戦ってたけど、内心めちゃくちゃ焦ってましたw



4戦目 本田翼(あみゅ)さん 負け
(アグノム、ギルガルド、バシャーモ、バンギラス、霊獣ボルトロス、ヤドラン)

自分(サンダー、霊獣ランドロス、サーナイト)
相手(バシャーモ、霊獣ボルトロス、ギルガルド)


ニコニコ実況者で顔がでかいラブライバーで有名なあみゅさん。僕が自己紹介が調子こいた発言をしたので、怒ってないかな?とビクビクしてましたがとても気さくないい人でした。
選出自体は間違ってなかったと思うんですが、ランドロス対バシャーモ対面で守るタイミングで地震、バトンのタイミングで剣の舞って選択のほうが勝ち筋拾えたかなと思います。
最後にHP半分ちょい削れたランドロス対ボルトロス対面で、あみゅさんが「なんか嫌な予感する。めっちゃ嫌な予感する」ってフラグ立ててくれてたんで、ヤチェでめざ氷耐えて欲しかったですねw



5戦目 かげふみさん 勝ち
(ミミロップ、ドリュウズ、化身ボルトロス、オニゴーリ、ウルガモス、スイクン)

自分(バシャーモ、サーナイト、霊獣ランドロス)
相手(ミミロップ、スイクン、ウルガモス)


ボルトゴーリがいたので「異教徒だ。駆逐せねば。」と思ってました。
初手バシャーモからの加速バトンでサーナイトに繋ぎ、身代わり+アンコールで綺麗に立ち回って勝ち。
サーナイトが最速なので1加速すれば相手のウ↑ルガモスに1舞されても最悪でも同速対決できることと、Cにそこまで振ってないのでショックで虫の知らせ圏内に入りにくいかつ確2は取れるので安心感がありました。



6戦目 kzkさん 負け
(クチート、キノガッサ、ギャラドス、ゲンガー、化身ボルトロス、ドサイドン)

自分(サンダー、バシャーモ、サーナイト)
相手(化身ボルトロス、ドサイドン、キノガッサ)


実況者の方で今ニコニコ動画で行われてるThe last festivalのPVの作成者の方。PVめちゃくちゃカッコ良くて何十回も再生してます。
選出は間違ってなかったのですが、素直にバシャーモでドサイドンを削るべきだったと思います。眠ったサーナイトが最速起きしたとしても、ガッサの種ガンの被弾回数次第だったので、何とも言えないですね。



7戦目 レオンさん 負け
(ガルーラ、クレセリア、ヒードラン、ファイヤー、サンダー、フリーザー)

自分(バシャーモ、霊獣ランドロス、スイクン)
相手(ファイヤー、サンダー、ガルーラ)


選出画面で「なんだこれは!?」って5回くらい言ったと思いますw
初手バシャーモ対ファイヤーだったので加速バトンしてランドロスかスイクンに繋ごうと思い、守るを選択→相手のファイヤーの追い風!(あかん(゜ロ゜))
「飛行技はエアスラか暴風のはずだからかわしてくれないかなー」→被弾→バシャーモがお亡くなりに。
あとは流れるように負けました。完全に初手で戦局が決まってしまった試合でした。



8戦目 トリーシさん 勝ち
(ガルーラ、化身ボルトロス、ニンフィア、ヘラクロス、クレセリア、ヒードラン)

自分(バシャーモ、サーナイト、スイクン)
相手(ヒードラン、クレセリア、ヘラクロス)


「めざ地挑発サーナイトを警戒して、ヘラクレセドランで来ないでくださいお願いします」と思っていたのですが、お相手の選出はヘラクレセドランかつトリックルーム持ち。
ヒードランを切ってくれたので、バシャーモ対クレセリア対面でトリックルーム→三日月の舞読みで守らずに、適当に鬼火を打って完全復活したヘラクロスと対面(トリックルーム残り3ターン)
2連守るが成功し、バシャーモが倒されたターンでトリックルームが切れて、サーナイトのハイボで勝ち。
薄い勝ち筋を何とか拾えた試合でした。



9戦目 トオルさん 勝ち
(チルタリス、ナットレイ、ブルンゲル、霊獣ランドロス、バンギラス、ヒードラン)

自分(バシャーモ、サーナイト、霊獣ランドロス)
相手(ナットレイ、チルタリス、バンギラス)


初手バシャーモ対ナットレイ対面だったので、鬼火→交代してきたチルタリスに鬼火が当たる(この時点でブルンゲルはいないだろうと予想)
サーナイトにバトンしてハイボを打つとナットレイが受け出してきたので、そのままサーナイトを切ってバシャーモでナットレイを倒す。
チルタリスがまた出てきたので、ランドロスにバトンして地震でチルタリスを落として、最後に出てきたバンギラスを地震と飛び膝で倒して勝ち。
ブルンゲルが選出されていたらかなりツラかったです。



10戦目 Zincさん 勝ち
(クチート、ポリゴン2、リザードン、ゲッコウガ、キノガッサ、ガブリアス)

自分(サンダー、霊獣ランドロス、サーナイト)
相手(ガブリアス、ポリゴン2、クチート)


サンダーでポリゴン2を電磁波と羽休めで無理やり倒して、ランドロスでクチートとガブリアスを削りながら試合進行。
サンダーがガブリアスのストーンエッジで落ちて、最後にサーナイトがガブリアスのストーンエッジをもらいながらハイボで落とし、残りHP2割のクチートとの対面で不意討ちに合わせて身代わりを貼って勝ち。
仮に補助技読みでクチートが叩き落とす等で身代わりを壊されたとしても、アンコール読みで普通に攻撃してこない限りは、不意討ちのPPが枯れるまでアンコールすればいいので、たぶん勝てたと思います。(神読されない限りは)





というわけで、予選は7勝3敗でした。

トリーシさんが8-2で終了していたので、「これは2位抜けだなー」と思っていたのですが、対戦成績の紙を確認してみるともう1人8-2の人がいました。


トルンさんでした。

あなた午前の段階で2敗してましたやん…(゜ロ゜)



結局カトレアブロック3位という結果でした。




今回の予選は6ブロックに分かれていて、各ブロック2位までが決勝トーナメントに進むことができます。

ただし、決勝トーナメントは16人で行われます。

じゃあ、残り4人はどうやって選ばれるのか?



そう、
















く じ 引 き です。







各ブロックの3位の6人から当たりくじを引いた4人が決勝トーナメントに進むことができるというものでした。



くじ引きは隣で行われていたズンさん主催のポケモンカードオフに倣って、6枚のポケモンカードの内、シェイミが4枚ガマゲロゲが2枚入っていて、シェイミを引いた人が当たりという形式でした。



ちなみに、僕はポケモンカードは初期の頃しかやってないのであまり詳しくないのですが、このシェイミのカードは1枚3000円の価値があるそうです。

(シェイミを4枚買おうと思ってる人がいたとしよう。今仮にシェイミを買うのをやめるとする。すると3000円x4枚=12000円も手に入ることになる…
12000円って言ったらアレだぞ、シェイミが4枚も買えるぞ!!!!!)



そんなわけでくじ引きを行うことになりました。


くじ引きのメンバーにはジャロゴーリ四天王のリーダーであるよっちゃんもいました。

ここぞとばかりに2人で煽りました。





「6分の2なんて引くわけねぇよなぁ!!!?」

「ジャロゴーリ四天王が運ゲーで負けるわけねぇよなぁ!!!?」





端から見たらフラグにしか聞こえませんが、フラグは立てるものじゃありません。折るものです。



全員がカードを引き終え、一斉に見ることに。



運命の瞬間…










































f:id:t0uCh373:20160810005025p:plain

〉やぁ



















こうして僕の夏は終わった。





リーダーのよっちゃんは見事にシェイミを引き当て、最終的になんと優勝しました。

信者が増えるよ!やったねよっちゃん!





又、びぶおふの前日にむーさん主催のちゃもおふが開かれており、こちらにも参加していました。

ルールはカロスダブルということで、そもそもダブルバトル自体初心者なので、ネットから拾ってきた構築をそのまま使用しましたが、シングルバトルとは違った楽しさがありますね。

これからはダブルバトルもやってみようかなーと思います。



最後になりますが、びぶおふ・ちゃもおふに参加された方々、並びに主催・スタッフの方々お疲れさまでした。
冷やかし集団ですが、これからも暖かい目で見て頂けると幸いです。

またオフ会でお会いしましょー!今度は二次会も絶対参加します!






※オニゴーリのKPが3だったらしいのですが、自己紹介の段階では10人以上オニゴーリ使いがいたはずなんですが、どこにいったんですかねぇ

[S16使用構築] ヤンキーバシャとメガサナちゃん[最終2003]

S16使用構築 S16使用構築 S16使用構築

S16おつかれさまでした。

初めて2シーズン連続で2000超えしたことと、メガ枠をサーナイトだけで達成することが出来たので個人的にはとても満足しています。

(最終週の3連休が私用でまったく潜れなかったので、2000乗って即ヤメしたのがちょっとだけ後悔してたりする)

 

使用構築

f:id:t0uCh373:20160719194421p:plain 

1650辺りから使用した構築です。

技構成や努力値調整は途中でちょこちょこいじっているので、レート2003に乗った時点での記載にしています。

構築名は選出率の高かった2体から付けました。略して「ヤンメガ構築」です!

「メガの部分って他のメガ枠でもよくね?」ってツッコミはやめてくださいw


個別解説 

※非理想含むので実数値のみ記載

f:id:t0uCh373:20160719205155p:plain

サーナイト@メガストーン 

臆病 トレース→フェアリースキン

169-x-85-150-137-145(メガ前)

169-x-85-190-157-167(メガ後)

 ハイパーボイス/サイコショック/身代わり/アンコール

 

HB A特化ガブリアスの毒突き確定耐え

   メガルカリオバレットパンチ確定耐え 

C  余り

HD メガゲンガーのヘドロ爆弾を93.7%で耐える

   C115までのスイクンの熱湯を身代わりが確定で壊れない

S  最速

 

パーティー唯一のメガ枠。国際孵化産の相棒(B個体値が29)。

メガ前のガルーラ・ルカリオボーマンダリザードン・意地ガブリアスにワンチャンス作る為に最速。

鋼タイプに打点がないものの後ろで十分カバー出来るので問題なかった。

控えめのハイボ、ショック、気合玉orめざパ、挑発or身代わりが一番メジャーで汎用性も高いと思うが、Sが足りないせいで意外と選出できない場面に遭遇することが多いようにも感じるので、サーナイトメインで構築を組むなら最速安定だと思う。

身代わりで電磁波等の補助技を空かした場合、フェアリー・エスパー技をタイプ受けできるポケモンが居なければ、警戒していたとしても迂闊に引くことができないのでアンコールが決まる場面が非常に多かった。

Cにほとんど振っていない為火力不足の場面が見受けられたが、それ以上に最速だから勝てた試合のほうが圧倒的に多かった。

選出率は7割くらい

 

f:id:t0uCh373:20160719212526p:plain

バシャーモ@オボンの実 

腕白 加速

156-156-134-x-91-116

飛び膝蹴り/鬼火/バトンタッチ/守る

 

H  4n オボン効率最大 飛び膝を外した場合にオボン発動

A  B無振りメガガルーラに対して飛び膝のダメージが192~228 

HB A特化メガガルーラ地震をオボン込みで確定耐え

   火傷状態のA特化鉢巻ガブリアス地震確定耐え

   火傷状態のガブリアス地震で最低乱数を引いてもオボンが発動する

S  1加速で準速メガボーマンダ抜き抜き

   2加速で準速スカーフガブリアス抜き

 

ヤンキーバシャとかヤクザバシャとか言われてるバシャーモ

バシャガル対面で守らずに飛び膝が大安定行動になるので、身代わり持ちのガルーラに対しても穏やかな心で戦うことができた。身代わりされたターンに飛び膝を外してしまったとしても、オボン込みで秘密の力を耐えるので身代わりを破壊しつつ、麻痺を引かなければ鬼火を入れることができる。乱数次第では秘密の力+不意打ちを耐える。

陽気ガブリアスにも火傷状態の地震x2+鮫肌を高乱数で耐えるので、相打ち以上を取れる可能性が高かった。

選出時はほとんど先発で出して、鬼火を撒きつつ、ナットレイ以外のポケモンにバトンを繋いでいた。

初手バシャガル対面で開幕飛び膝が決まって即降参された試合もあった。

選出率は7割くらい

 

f:id:t0uCh373:20160719221904p:plain

霊獣ランドロス@ヤチェの実 

意地 威嚇

183-214-114-x-99-123

地震/岩石封じ/大爆発/剣の舞

 

H  8n-1

A  剣の舞大爆発でHB特化カバルドン確定1発

   剣の舞大爆発でHB特化クレセリア乱数1発(62.5%)

HB 威嚇込みA特化ガブリアスの逆鱗が低乱数2(6.3%)

   威嚇+ヤチェでA特化メガガルーラの冷凍パンチ確定耐え

   A特化メガリザードンXの逆鱗が超低乱数1(6.3%)

HD ヤチェ込みで両刀メガガルーラの冷凍ビーム確定耐え

   ヤチェ込みでC特化霊獣ボルトロスの眼鏡めざ氷確定耐え

S  準速70族抜き

   1加速で最速115族抜き

 

受けにくるポケモンを返り討ちにするマン。選出した試合はほとんど爆発してた。

バシャーモのバトンから繋いで活躍する場面が多かった。

クレセリアは相討ちが精一杯だが、カバルドンスイクンは展開次第ではランドロスを生き残らせつつ突破することができた。

選出率は6割くらい

 

f:id:t0uCh373:20160719225515p:plain

サンダー@ラムの実 

穏やか 静電気

191-x-115-148-143-125

10万ボルト/熱風/電磁波/羽休め

 

H  16n-1

HB A特化マリルリの腹太鼓アクアジェット中乱数1(50%)

C  余り

HD 11n メガリザードンYのオーバーヒートが超低乱数1(6.3%)

   メガゲンガーのヘドロ爆弾2耐え

S  最速バンギラス抜き

 

状態異常技が飛んできやすいのでラムの発動機会は多かった。最低限の仕事をしてくれるので選出に困ったらだいたい出してた。ここぞという場面で静電気を引いてくれるイケメン。

耐久ポケモンに対して毒々が欲しい場面もあったが、鋼タイプが重いので熱風は切れなかった。

ちょいちょいTODして勝つ場面があった。

選出率は6割くらい

 

f:id:t0uCh373:20160719230422p:plain

スイクン@カゴの実 

図太い プレッシャー

207-x-172-109-135-116

熱湯/冷凍ビーム/瞑想/眠る

 

H  ぶっぱ

HB 11n

S  1加速で準速メガボーマンダ抜き抜き

 

少しSに多めに振ったスイクン

加速バトンからの詰ませ性能が高く、クレセドランの並びには積極的に選出していたが、相手のボルトロスウルガモスに起点にされることを恐れたのと、ランドロスで何とかできることのほうが多かったので選出率は控えめだった。

選出率は3割くらい

 

f:id:t0uCh373:20160719230804p:plain

ナットレイゴツゴツメット 

呑気 鉄の棘

181-114-198-x-140-22

ジャイロボール/宿り木の種/電磁波/ステルスロック

 

H  ぶっぱ

HB 11n

HD C特化メガサーナイトの気合玉が超低乱数1(6.3%)

S  最遅

 

ザ・置物枠。

今期は炎技持ちガルーラが比較的少なかったようなので、もっと選出できたとは思うものの、どうしても信頼できなかった。

それでも選出したときはしっかりと活躍してくれた。

普通のゴツメナットレイを流用しただけなので、剣の舞アイへ型とかこのパーティーに合った面白い調整が色々考えれると思う。

選出率は1割くらい

 

選出

多かった選出は

バシャーモサーナイト+サンダーorランドロス


初手にバシャーモを出して受けにくるポケモンに鬼火を撒きつつ、バトンで展開することが多かったです。

選出の自由度が高いので、相手パーティーを見てわりと感覚で選出していました。「この構築には絶対にこう出す」みたいなことはあまり考えていませんでした。

ほとんどの組み合わせの選出をしたと思いますが、バシャナットサンダーの並びだけは一度も選出してないですねwww


この構築できついパーティーは受けループですかね。というか、どうやったら勝てるかわからない(4戦4敗)。

ラキグライヤドランの選出ならサーナイトで択を当て続ければなんとかなるか、バシャからスイクンにバトンして瞑想積んでTODすれば何とかできないかなと思いましたが1度も勝てませんでした。

あとトリル展開のヘラクロスクチートはキツいです。電磁波展開はかなり楽でした。


戦績

63勝36敗  勝率 63.6%

 

総括

前回がバトン特化構築だったので、「今回はサイクル戦やるぞー」と思って構築を組んだはずなんですが、蜻蛉返りもボルチェンもない構築が出来上がりましたw(結局バトンしてる)。

でも、今までこの並びを色々試行錯誤していたので、2000乗せることができて本当に嬉しかったです。

サンムーンの発売はもちろん楽しみなんですが、ORAS環境があと少しで終わってしまうのというのも寂しいですね。


最後になりますが、S16で対戦した方々ありがとうございました!

S17も頑張りましょー!


f:id:t0uCh373:20160719194520p:plain

 

何か質問等あれば@t0uCh37 まで

S15使用構築 最高&最終レート2012 [バシャナットサーナ 改]

こんにちは、たっちです。

 

S15終盤で使用した構築です。

最高&最終レート2012  最終順位368位という結果でした。

f:id:t0uCh373:20160517193037j:plain

構築経緯

シーズン終了3日前まではまったく別の構築を試していましたが300戦以上潜って永遠と1700~1800を反復横とびしていた為、S13で使ったバトン構築を改良してみようというのが始まりです。

 

構築解説

この並びを見て対戦相手の方はどう思うでしょうか?

以前に比べればバシャーモの多様化が進んでいて、バトンタッチを覚えたバシャーモも多いですが、この構築においてバトンを警戒する人はほとんどいないんじゃないかと思います。

相手に選出画面でバトンを悟られないことは、こちらにとって大きなアドバンテージになります。

 

具体的にどういった戦い方をするのかというと、

ナットレイで電磁波ステロを撒いてドォォォォンして、バシャーモで加速ビルドバトンでピョーイッして、アシパサーナイトでドォォォォォンして勝ちます(笑)

ナットレイが出せない場合は、後述するゴツメボルトロスに電磁波を撒いてもらいつつ、相手の先発への削りを行ってバシャーモが積みやすい場作りをしてもらいます。

ボーマンダマンムーはこの構築において選出することはほとんどありません。

クレセリアスイクンの選出を誘導しつつ、アローやマンダ、バシャーモなどが選出される可能性を少しでも減らしてもらうための選出圧力要員という感じです。

 

 

個別解説

サーナイトサーナイトナイト 臆病

 

167-x-116-145-136-116(メガ前) ※H個体値24

アシストパワー/いびき/瞑想/眠る

 

相変わらずの国際孵化産妥協個体。いままで憎くてしょうがなかったガルーラギルガルドを消し飛ばすのが気持ちよかった。

シェルアーマー、悪戯心、もらい火などをトレースした場合はそのまま起点にして瞑想を積んだり、親子愛をトレースした場合はいびきでガルーラに怯みゲーを仕掛けることができる。

後述のバシャーモが弱点保険を発動させつつ、ビルドバトンを綺麗に決められればもう止まらない。バトンを決めることができなくても展開次第では意外と何とかなったりする。

 

バシャーモ@弱点保険 腕白

 

183-140-122-x-90-116

フレアドライブ/ビルドアップ/守る/バトンタッチ

 

気をつけるのは安易に守らないこと。あくまでもサーナイトにバトンを繋がないと勝てる可能性は激減するが、相手の構築と選出を見て何積みした上で繋がないといけないかを考えて動く必要がある。

フレドラの枠は自由だが、フレドラがあって助かった場面が非常に多かった。

 

ナットレイ@気合いの襷 意地っぱり

 

164-160-151-x-136-58

大爆発/叩き落とす/電磁波/ステルスロック

 

相手のガルーラが炎技を持ってるかどうかで戦況が左右されるので、選出画面時にボルトとナットのどちらを先発でもっていくかが重要。

相手先発がガルーラなら初手ステロ、ウルガモスなら大爆発、ゲンガー・ギルガルドファイアローなら叩き落とす等、初手の行動は一定のポケモンに対しては決め打ちしていた。

 

ボルトロスゴツゴツメット 図太い

 

183-x-133-146-101-135 ※A抜け5V個体

10万ボルト/草結び/悪巧み/電磁波

 

 元々は穏やかオボン個体を使っていたが、炎技持ちのガルーラへのケアを考えてゴツメにした。これによってガルーラ入りの対面構築に対して安心して先発を任せることができた。影のMVP。

相手のマンダマンムーがツライので草結びを採用。HBは意地鉢巻ガブリアスの逆鱗耐え調整をしているが、めざ氷がない為ガブリアスに対して有利とは言えないので、この辺のSライン調整してるガルーラ意識で耐久を削ってSを伸ばしたほうが良いかもしれない。

 

ボーマンダボーマンダナイト 無邪気

 

171-181-101-136-89-167(メガ前) ※D個体値28

捨て身タックル/地震/流星群/ハイパーボイス

 

選出したのは害悪パに出した1回だけだが、身代わり貼った状態のメガゲンガーの催眠術をかわしてハイパーボイスで倒すという自覚を見せてくれた。

選出誘導の為にパーティーに入っているだけとは言ったものの、バシャーモがビルドを積んだ後、相手がボーマンダにバトンすると勘違いしてこちらにとって有利働く場面もあったので良かったと思う。

 

マンムー@突撃チョッキ 意地っ張り

 

187-172-101-x-112-124

氷柱針/地震/氷の礫/地割れ

 

選出したのは同じく害悪パに出した1回のみ。こちらも相手から見ればバトン先の候補になりうる存在ではあるのと、電気の一環を消しているため相手のボルトロスバシャーモとの対面で釣り出し交換やきあいだまを打ってくる場面があった。

 

 

選出

厨パ対面(ガモス入り)、受けループ、その他

ナットレイバシャーモサーナイト

 

厨パ対面(ガモス無し)

ボルトロスバシャーモサーナイト

 

害悪パ

バシャーモボーマンダマンムー

 

戦績

25勝5敗(12戦目から19連勝)  勝率 83%

 

選出率

サーナイト 97%   (29/30)

バシャーモ 100% (30/30)

ナットレイ 63%   (19/30)

ボルトロス 33%   (10/30)

ボーマンダ   3%   (1/30)     

マンムー    3%   (1/30)

 

総括

シーズン終盤まで思うようにレートが上がらず、半ばヤケになって考えた構築でしたが思わぬ形でハマってくれました。

仲間と「今1700だから20連勝すれば2000行けるだろ」なんて冗談のつもりで話していたのですが、結果として1700からなんと19連勝でそのまま2000に乗せることができました。1950辺りからは完全にテンションが可笑しな方向にいっていましたが、たぶん途中で負けていたら、集中力が切れて到達できなかったんじゃないかと思います。

もっと早い段階でこの構築を組めていたらもっと上を狙えたかもしれないとも思いましたが、再戦した場合は圧倒的に不利になるのでレート終盤のたくさんの人が潜っている状況だからこそ結果を残せたとも感じました。

 

この構築自体はまだ考察できる余地があると思うので、もう少し頑張ってみたいと思います。(でも、普通の構築でも2000いってみたい)

 

最後にS15でマッチングした方々、対戦ありがとうございました。お疲れ様でした。