読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャロゴーリ四天王の憂鬱

気ままにポケモン

S15使用構築 最高&最終レート2012 [バシャナットサーナ 改]

こんにちは、たっちです。

 

S15終盤で使用した構築です。

最高&最終レート2012  最終順位368位という結果でした。

f:id:t0uCh373:20160517193037j:plain

構築経緯

シーズン終了3日前まではまったく別の構築を試していましたが300戦以上潜って永遠と1700~1800を反復横とびしていた為、S13で使ったバトン構築を改良してみようというのが始まりです。

 

構築解説

この並びを見て対戦相手の方はどう思うでしょうか?

以前に比べればバシャーモの多様化が進んでいて、バトンタッチを覚えたバシャーモも多いですが、この構築においてバトンを警戒する人はほとんどいないんじゃないかと思います。

相手に選出画面でバトンを悟られないことは、こちらにとって大きなアドバンテージになります。

 

具体的にどういった戦い方をするのかというと、

ナットレイで電磁波ステロを撒いてドォォォォンして、バシャーモで加速ビルドバトンでピョーイッして、アシパサーナイトでドォォォォォンして勝ちます(笑)

ナットレイが出せない場合は、後述するゴツメボルトロスに電磁波を撒いてもらいつつ、相手の先発への削りを行ってバシャーモが積みやすい場作りをしてもらいます。

ボーマンダマンムーはこの構築において選出することはほとんどありません。

クレセリアスイクンの選出を誘導しつつ、アローやマンダ、バシャーモなどが選出される可能性を少しでも減らしてもらうための選出圧力要員という感じです。

 

 

個別解説

サーナイトサーナイトナイト 臆病

 

167-x-116-145-136-116(メガ前) ※H個体値24

アシストパワー/いびき/瞑想/眠る

 

相変わらずの国際孵化産妥協個体。いままで憎くてしょうがなかったガルーラギルガルドを消し飛ばすのが気持ちよかった。

シェルアーマー、悪戯心、もらい火などをトレースした場合はそのまま起点にして瞑想を積んだり、親子愛をトレースした場合はいびきでガルーラに怯みゲーを仕掛けることができる。

後述のバシャーモが弱点保険を発動させつつ、ビルドバトンを綺麗に決められればもう止まらない。バトンを決めることができなくても展開次第では意外と何とかなったりする。

 

バシャーモ@弱点保険 腕白

 

183-140-122-x-90-116

フレアドライブ/ビルドアップ/守る/バトンタッチ

 

気をつけるのは安易に守らないこと。あくまでもサーナイトにバトンを繋がないと勝てる可能性は激減するが、相手の構築と選出を見て何積みした上で繋がないといけないかを考えて動く必要がある。

フレドラの枠は自由だが、フレドラがあって助かった場面が非常に多かった。

 

ナットレイ@気合いの襷 意地っぱり

 

164-160-151-x-136-58

大爆発/叩き落とす/電磁波/ステルスロック

 

相手のガルーラが炎技を持ってるかどうかで戦況が左右されるので、選出画面時にボルトとナットのどちらを先発でもっていくかが重要。

相手先発がガルーラなら初手ステロ、ウルガモスなら大爆発、ゲンガー・ギルガルドファイアローなら叩き落とす等、初手の行動は一定のポケモンに対しては決め打ちしていた。

 

ボルトロスゴツゴツメット 図太い

 

183-x-133-146-101-135 ※A抜け5V個体

10万ボルト/草結び/悪巧み/電磁波

 

 元々は穏やかオボン個体を使っていたが、炎技持ちのガルーラへのケアを考えてゴツメにした。これによってガルーラ入りの対面構築に対して安心して先発を任せることができた。影のMVP。

相手のマンダマンムーがツライので草結びを採用。HBは意地鉢巻ガブリアスの逆鱗耐え調整をしているが、めざ氷がない為ガブリアスに対して有利とは言えないので、この辺のSライン調整してるガルーラ意識で耐久を削ってSを伸ばしたほうが良いかもしれない。

 

ボーマンダボーマンダナイト 無邪気

 

171-181-101-136-89-167(メガ前) ※D個体値28

捨て身タックル/地震/流星群/ハイパーボイス

 

選出したのは害悪パに出した1回だけだが、身代わり貼った状態のメガゲンガーの催眠術をかわしてハイパーボイスで倒すという自覚を見せてくれた。

選出誘導の為にパーティーに入っているだけとは言ったものの、バシャーモがビルドを積んだ後、相手がボーマンダにバトンすると勘違いしてこちらにとって有利働く場面もあったので良かったと思う。

 

マンムー@突撃チョッキ 意地っ張り

 

187-172-101-x-112-124

氷柱針/地震/氷の礫/地割れ

 

選出したのは同じく害悪パに出した1回のみ。こちらも相手から見ればバトン先の候補になりうる存在ではあるのと、電気の一環を消しているため相手のボルトロスバシャーモとの対面で釣り出し交換やきあいだまを打ってくる場面があった。

 

 

選出

厨パ対面(ガモス入り)、受けループ、その他

ナットレイバシャーモサーナイト

 

厨パ対面(ガモス無し)

ボルトロスバシャーモサーナイト

 

害悪パ

バシャーモボーマンダマンムー

 

戦績

25勝5敗(12戦目から19連勝)  勝率 83%

 

選出率

サーナイト 97%   (29/30)

バシャーモ 100% (30/30)

ナットレイ 63%   (19/30)

ボルトロス 33%   (10/30)

ボーマンダ   3%   (1/30)     

マンムー    3%   (1/30)

 

総括

シーズン終盤まで思うようにレートが上がらず、半ばヤケになって考えた構築でしたが思わぬ形でハマってくれました。

仲間と「今1700だから20連勝すれば2000行けるだろ」なんて冗談のつもりで話していたのですが、結果として1700からなんと19連勝でそのまま2000に乗せることができました。1950辺りからは完全にテンションが可笑しな方向にいっていましたが、たぶん途中で負けていたら、集中力が切れて到達できなかったんじゃないかと思います。

もっと早い段階でこの構築を組めていたらもっと上を狙えたかもしれないとも思いましたが、再戦した場合は圧倒的に不利になるのでレート終盤のたくさんの人が潜っている状況だからこそ結果を残せたとも感じました。

 

この構築自体はまだ考察できる余地があると思うので、もう少し頑張ってみたいと思います。(でも、普通の構築でも2000いってみたい)

 

最後にS15でマッチングした方々、対戦ありがとうございました。お疲れ様でした。