読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャロゴーリ四天王の憂鬱

気ままにポケモン

S3使用構築 最高1936/最終1865[じゃろごーりはじめました]

みなさん、シーズン3お疲れさまでした。

対戦をしてくださった方、ありがとうございました。


【構築経緯】


いつも広島で開催されるびぶおふの自己紹介でジャロゴーリ四天王です^^

うぇーいwwwという自己紹介をしているのですが、最近はというと、


『ジャロゴーリ四天王はジャロゴーリ使わない』


そもそも使ってるの見たことない』


『ジャロゴーリ四天王を倒して俺がジャロゴーリチャンピオンになる』


などと言われたい放題です。。。


f:id:t0uCh373:20170519205737j:plain

ちなみに僕はユーフォだとなつき先輩が一番かわいいと思います

舞い上がる♪ ↑高揚感↑♪



話が逸れました。

というわけで、このままではびぶおふ勢に舐められると思い、先に構築を作っていた四天王リーダーのよっちゃんのパーティー
http://dosaidon.hatenablog.com/entry/2017/05/17/223333
の並びを丸パクりし、改善を加えることにしました(レート負けてるのに改善とは…)


【NARABI】


f:id:t0uCh373:20170519210913p:plain


【個別解説】

ジャローダ@気合いの襷

f:id:this-is-anfield-ynwa7:20170517215340p:plain

実数値:150-x-115-127-116-181

技構成:リフスト/めざぱ(炎)or(地)/蛇睨み/挑発

特性:天邪鬼

教え技がないのがバレるのは良くないのでオシャボには入れない。A個体も10以下。甘えず王冠を使う意識の高さ。

CSぶっぱで余りはDL対策でDに振りました。

ぶっちゃけ麻痺さえ撒ければいい。

めざパはコロコロ変えてました。

オニゴーリ@食べ残し

f:id:this-is-anfield-ynwa7:20170517215819p:plain

実数値:177-x-105-101-106-145

技構成:まもる/身代わり/フリドラ/絶対零度

特性:むらっけ

無限の勝ち筋があると言われるけど、無限の負け筋も兼ね備えているので意外と難しかったですね。

思考停止でみがまもすると痛い目にあうので、場合によっては、思いきったプレイングも必要だと感じました。

最速80族以下のポケモンは無条件で起点にしうるので、相手パーティーによっては無起点でも選出するときがありました。



リザードンリザードンナイトX

f:id:this-is-anfield-ynwa7:20170517220442p:plain

実数値:159-130-99-x-106-167(メガ前)

技構成:フレドラ/ドラクロ/竜舞/地震

特性:猛火→硬い爪

「ドランが重いから地震にしたほうがいいよー」とのよっちゃんからのアドバイスがあったので採用したけどほとんどドラン入りのパーティーに当たりませんでした。

調整は6世代からの流用なので覚えてないです。

カバルドン@ゴツメ

f:id:this-is-anfield-ynwa7:20170517220756p:plain

実数値:215-133-187-x-92-67

技構成:岩石封じ/なまける/欠伸/ステロ

特性:すなおこし

起点作りメインの構成にしました。

バシャーモに後投げするとだいたい特殊技が飛んできて死にます(涙)



ギルガルド@ゴーストZ

f:id:this-is-anfield-ynwa7:20170517221150p:plain

実数値:167-70-170-112-171-58

技構成:シャドボ/影うち/聖なる剣/キングシールド

特性:バトルスイッチ

ちゃんとDL対策と最遅という意識の高さ。

でも、最遅にするよりある程度S振ったほうが使いやすい気がします。

初手ゴーストZぶっぱできるようなパーティーに先発で出すと仕事してくれます。

ポリゴン2しんかのきせき

f:id:this-is-anfield-ynwa7:20170517221547p:plain

実数値:191-100-116-125-157-72

技構成:恩返し/冷凍ビーム/めざパ(炎)/でんじは

特性:ダウンロード

主にウルガモスを倒してもらうのが仕事ですが、炎の体で焼けるので安定しませんでした。

めざパの枠は最初は自己再生だったんですが、あまり居座ってもやることがない場面が多かったのでハッサム意識でめざ炎を採用しました。



【総括】

1500後半からスルスルと1900までは上がれたのでやっぱ強いんだなーと思いつつ、複雑な気分でもありました。

100戦くらい潜ったのですが切断されたのは1回のみだったのもちょっと意外でした。



ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。

またシーズン4でお会いしましょう。